利用技術

札幌開発では世界の標準に合わせた技術を採用するポリシーで開発しています(デファクトスタンダードな技術の採用)

これは今までの経験から、世界で最も使われている技術を採用するのが開発・保守において最も効率が良く、トラブル発生時に最も円滑に対応ができドキュメントや教材が揃っている点から最も技術習得の効率が良いと知っているためです。

開発技術

WEB系の開発技術を利用し、インフラにはAWS、開発言語にはPythonやPHP、フレームワークにDjangoやLaravelなどを利用しています。開発でのOSにはLinuxOSであるUbuntuを利用しています。オープンソースを積極的に活用した開発を行っています。

導入ツール

最も使われているグループウェアの1つのであるGoogle Workspacesを導入しています。(gmailの企業向け有料版です)

他には世界中のITベンチャー企業が導入しているAtlassian社のツールを利用するなど広く使われているツールを採用する事により、情報やナレッジを取り入れて生産性の良い開発ができるよう心掛けています。